不都合な真実

hutugou.jpg
地球温暖化の速度は、
私が思っていた以上に早く、
地球の異変は想像以上のものでした。


環境問題に関するスライド講演を世界中で開き、
地球の危機を訴えてきたアル・ゴア元アメリカ副大統領。
その講演に感動した超一流スタッフの手によって
制作されたドキュメンタリー映画です。

数十年前の写真にはちゃんと写っていたキリマンジャロの雪は
最近の写真にはなくなっていました。
北極の氷が薄くなって海の面積が増えていました。
それによって、ホッキョクグマが絶滅の危機に瀕しています。
南極の氷山も少なくなっていました。

永久凍土が凍らなくなり、石油の輸送ラインが壊れていました。
これまで雪があって寒くてのぼってくることのなかった高地に
蚊が気温の上昇によって上ってくるようになり、
マラリアが発生するようになっています。

こうした異変はすべて地球の温暖化が原因です。
環境保護、温暖化防止ということばは耳にし、
できることから何かをしなければと思いながらピンとこなかったことが、
この映画でものすごく身近に実感できた印象です。

なぜだかすごく印象に残っているのは、
これまで一致していた芋虫が生まれる時期と、鳥の孵化の時期が
温暖化の影響でずれ、芋虫のほうが早く生まれてしまうようになっている。
それによって、ヒナ鳥の餌が無くなって、
絶滅しようとしてる鳥たちがいるというエピソードでした。

先週の土曜日、私の属している住宅研究会で例会がありました。
テーマは住宅リフォームについて。
それも、スクラップ&ビルドによる建築資材の無駄使いを防ぎ、
地球上の財産を増やしていこうという目的で。
そして少ない燃料で暖かく快適な住環境を実現するための
リフォームのノウハウを確立していきたい。
これはまさに環境保護、地球温暖化防止の思想です。

しかし、こういう技術での議論はともすると根底を忘れて、
「どうやって数字をクリアするか」
「そのための技術はどうしたらよいか」という
必要ではあるけれど、それだけでは大切なことが置き去りになるという
そういう傾向になりがちです。

そこで、土曜日は私ごとき素人が僭越にも
この映画のことを持ち出して、
「できればここにいる方たちには、映画を観ていただきたい」
「そして地球温暖化による危機を実感し、
それを何とか食い止めたいという思想を根底にいつも持ちつつ、
リフォームマニュアルをまとめていけたらいいと思う」
と発言してしまいました。

私たちが1人1人ができることは小さなことかもしれないけれど、
しないよりは絶対にしたほうがよい、
そしてできることはたくさんあるのだと改めて思いました。
「不都合な真実」オフィシャルサイト

追記
本日発表されたアカデミー賞で、
長編ドキュメンタリー賞にノミネートされていたこの作品、
同賞の受賞となりましたね。
受賞の発表後、ゴア氏は
「環境対策はすぐに始められる」と、
世界中の人々に活動参加を呼び掛けたそうです。 

Comments

No Responses to “不都合な真実”

  1. 瑞穂 on 2月 26th, 2007 9:19 PM

    今朝の東京新聞にも、記事が載ってました。
    不思議な生物(南極)が、かなり発見されたそうです。
    写真入りでしたが、12本足のヒトデ、不思議な形をしたイソギンチャク、かなり不気味でした…

    南極の水温が上昇してこんな姿に?とか思ったのですが、何かできることから始めないとダメですね。

  2. むぎ on 2月 26th, 2007 10:17 PM

    瑞穂さん☆

    南極、北極の異変、すごいんだなと思いました。
    あの大きな氷山がすごい勢いで融けているのですから。

    ドキュメンタリーなので、
    大画面でディスカバリーチャンネル見てるみたいで、
    字幕全部読んでるとかなり疲れるのですが、
    たくさんの人に観てほしい映画だと思いました。

  3. 徒然なるサムディ on 2月 26th, 2007 11:01 PM

    不都合な真実★映画

    映画の冒頭、一枚の地球の写真が映し出される。
    宇宙船アポロが撮ったもので、これまでよく目にしたものだ。
    白い雲が浮かび、全体に青い地球。
    改めて地球とはな…

  4. サムディ on 2月 26th, 2007 11:26 PM

    むぎさん、こんにちは。
    TB&コメントありがとうございました。
    こちらこそ、ご無沙汰しております。
    >地球の異変は想像以上のものでした
    まったく同感で、衝撃を受けた、と言っても過言ではありません。
    >1人1人ができることは小さなことかもしれないけれど、しないよりは絶対にしたほうがよい
    これもおっしゃるとおりで、一人一人が抱いた危機感をアクションに変えていかなければならないと思います。
    >住宅研究会で例会がありました
    その会でのむぎさんのお立場はわかりませんが、発言については心から敬服いたします。よくぞ、おっしゃった。
    >同賞の受賞となりましたね
    私ももとの記事に追記しました(^^)

  5. むぎ on 2月 27th, 2007 8:50 AM

    サムディさん☆

    TBありがとうございました。
    ゴア氏はノーベル平和賞受賞か?みたいなことも聞きました。
    今回の受賞でニュースでも大きく取り上げられましたので、映画館に足を運ぶ人がまた増えるかもしれません。

    たいそうなことはできなくても、みんなが自分でできることからはじめたいと、改めて思いました。

  6. ぴこ on 2月 27th, 2007 11:44 PM

    映画の内容よりタイトルの「真実」を見て
    先輩や同級生に遊ばれました笑
    映画が映画でなくなってしまいそうですね。
    怖いですσ(´Д`;;)

  7. むぎ on 2月 28th, 2007 3:12 AM

    ピコちゃん☆

    そうだねえ、このタイトルだと遊ばれちゃうねえ。
    でも、ピコは不都合なヤツじゃないよ。
    ピコはほんと、いい子だよ。

  8. 池っち on 2月 28th, 2007 9:02 AM

    身近な事だと、あの新潟のコシヒカリの味が落ちたかも?って昨年素人の僕でも思いました。
    (我が家、いっつも送ってもらってるんです)

    夏の異常な高温が原因だったそうです。

    沖縄では水温の上昇でオニヒトデが大繁殖して珊瑚が壊滅状態ですし。

    中国が物凄い発展を遂げてるとかも影響ありそうですねー。

  9. むぎ on 2月 28th, 2007 2:59 PM

    池っちさん☆

    やっぱり夏の暑さとか、暖冬とか、
    普通ではない気がしますよね。

    >中国が物凄い発展を遂げてる
    映画の中ではゴアさんが中国でも講演をしてましたね。
    しかし、アメリカが京都議定書に調印してないことは、
    かなり大きな問題なんだと映画を観て思いました。