明石名物・ひっぱりだこ飯

hippari2.JPG
土・日とオット、京都の私の母のところへ行ってまして、
その母から晩ご飯に食べるようにと持たされた
「明石名物・ひっぱりだこ飯」です。


平成10年の明石海峡大橋開通を
記念して発売されたお弁当です。
hippari1.JPG

醤油味の炊き込みご飯に、
蛸のすり身のてんぷら、蛸のうま煮、
穴子のしぐれ煮と季節の野菜がを添えられています。
蛸がやわらか〜い!!
ご飯もおいしい!

容器は蛸壺を模したユーモラスな陶器製です。
壷の底のほうを食べるのがちょっと食べづらいかも・・・
hippari3.JPG

しかし、こういうお弁当の器(釜飯とか)って、
捨てるのには惜しくて
食べ終わったら洗ってとっておくのですが、
結局、使い道がなくて場所ふさぎになることも多いです。
今回の蛸壺は何に使えるかな・・・?

Comments

No Responses to “明石名物・ひっぱりだこ飯”

  1. soulsong on 2月 27th, 2007 8:57 AM

    おはようございます!
    そうなんですよねぇ・・・
    私も捨てるのがもったいなくてとっておいていますが
    出番がありません(>_<)
    洞爺の釜飯の器・・・何個あるだろう(苦笑)

    京都にはむぎさん行かなかったのですか?
    晩ご飯に持たせてくれるなんて優しいお母様ですね♪

  2. kumiko on 2月 27th, 2007 9:36 AM

    おいしそうだわ〜ネーミングも可愛い!
    「炊き込みご飯」って、ほんと、おいしいですよね。
    この容器・・・何に使うか・・興味シンシン・・

    で、むぎさん、京都だったんですか?
    知らないこと、まだまだ・・・これから楽しみです^^

    あ、ウチの長女、立命館大学に、3回生までいました。

  3. mikipin on 2月 27th, 2007 11:09 AM

    このネーミング・・・
    どこかで聞いたような気がします!
    とっても美味しそうですね☆

    容器 何に使いましょうかぁ?
    漬物を漬けるとかは??(笑)

    沖縄では『ジューシー』という
    炊き込みご飯があって
    とても美味しいですよぉ〜〜〜

  4. むぎ on 2月 27th, 2007 6:08 PM

    soulsongさん☆

    こんばんは!

    京都に住む母のパソコン、
    セキュリティの更新が必要で(母は自力での更新は難しく)、
    私はいろいろ忙しかったので、
    一泊でオットに行ってもらいました。
    っていうか、私1人行っても何の役にも立たないんですが。

    母、このたこ飯のほかに
    手作りの塩昆布も持たせてくれました。
    子供の頃から食べている、
    懐かしくておいしい昆布の佃煮です。

  5. むぎ on 2月 27th, 2007 6:13 PM

    kumikoさん☆

    この容器の使い途、
    すぐに浮かんだのが焼き鳥の串入れ(爆)
    何に使ったらいいでしょうねえ・・・

    昨日、資源を大切に、できるところからひとつずつ、
    みたいな記事を書いたばかりなので、
    ちゃっちゃと捨てるわけには行きませんねえ(^o^;

    私は北海道生まれの北海道育ちなんですが、
    母が京都出身で、
    亡くなった父の病気療養等事情があって、
    10年ほど前から京都に帰ってしまいました。
    その前から、行ったりきたりしてたんですがね。

  6. むぎ on 2月 27th, 2007 6:16 PM

    mikipinさん☆

    漬物漬ける!
    いいかも、ですが、重石はどうしましょうか・・・(゜.゜;

    >ジューシー
    どんな炊き込みご飯なんでしょう。
    食べてみたいです。

  7. 瑞穂 on 2月 27th, 2007 8:09 PM

    明石のひっぱりだこ飯!実は、まだ食してないんです。
    明石に立ち寄りませんし…駅弁フェアでも見ません。
    テレビでも紹介されてて、売り切れゴメンだそうですよ。

    …駅弁の容器、実は「峠の釜飯」「だるま弁当」「ピカチュウ弁当」…一体いくつあるのやら?
    でも、捨てるに捨てられません。
    一回会社にウケ狙いで持って行こうかな?でも重そう。

  8. むぎ on 2月 27th, 2007 9:13 PM

    瑞穂さん☆

    ひっぱりだこ飯、売り切れゴメンって、
    そんなに人気のお弁当だったんですね。
    もっと厳かに食べればよかった( ̄∇ ̄;
    オットと2人でガツガツ食べてしまいました。

    駅弁の容器って、
    本当にどうやって使うのがいいのでしょう。

    重いって言えば、
    京都から抱えてきたひっぱりだこ飯、
    すごく重かったとオットが申しておりました。

  9. 寿司屋のおかみさん小話 on 2月 28th, 2007 10:23 AM

    おもしろい〜〜!
    我が家でも食べてみたいですね。
    このツボもなにかに使えそうだし。
    その名のとおり、ひっぱりダコですね〜
    タコのうま煮?!美味しそうだわ。
    家でも作ってみよう〜

  10. むぎ on 2月 28th, 2007 3:02 PM

    寿司屋のおかみさん小話さん☆

    私はこの蛸壺、使い途を考えあぐねていますが、
    おかみさんだったらどう使うのでしょう?
    すっごくユニークな使われ方がされそうです。

  11. みかん on 2月 28th, 2007 5:21 PM

    駅弁、良いですね。
    北海道には、あまり凝ったつくりのお弁当箱はないですよね。
    ひっぱりだこ、実家にいた頃に食べておけば良かった!?

    壺、塩とか梅干とか似合いそうですよね。
    お漬物なら、ひと回り小さいコップとかにお水入れて重石にすると、一夜漬けくらいにはならないですかね?

    それにしても、ウチにも釜飯の容器があって、夫がひとりの時からとっているものなので、捨てるに捨てれず、使うに使えず。。。って感じです^^;)

  12. むぎ on 2月 28th, 2007 6:21 PM

    みかんさん☆

    みかんさんのご出身はひっぱりだこ飯のお近くですか?
    梅干の壷、実はすでに壷入りの梅干を以前にいただいており、それで十分間に合ってまして、一夜漬け器も陶器製のものをすでに購入済み・・・と、本気で使おうと思うとなかなか「これ」という使い途が見つかりません。

    釜飯の容器もどうやって使おうか、悩みますね。

  13. ま〜ちゃん on 2月 28th, 2007 7:08 PM

    コレって見たことあるようなないような。。。

    ボクの近所で毎年「たこカーニバル」なるイベントがあるんですけど、そこでたこ焼きはもちろん、たこ飯も食べれますよ。

  14. ま~ちゃん on 2月 28th, 2007 7:08 PM

    コレって見たことあるようなないような。。。

    ボクの近所で毎年「たこカーニバル」なるイベントがあるんですけど、そこでたこ焼きはもちろん、たこ飯も食べれますよ。

  15. むぎ on 2月 28th, 2007 9:56 PM

    ま〜ちゃんさん☆

    明石ってま〜ちゃんさんのお住まいの近くですよね。
    たこ焼きにたこ飯、おいしそうだなあ。