失敗しない家づくり① よい建築会社の選び方

           家2_edited.jpg

昨日、友人から家を建てるための準備を始めようと思っているのだけれど、何から、どう、手をつけたらよいかわからないので、いろいろ教えてほしいと相談されました。

家を建てるって夢のあることですが、使うお金の桁がいつもと違いますから、失敗はしたくないですね。それにたいていは予算に限りがありますから、それを最大限に生かして夢を実現したいと誰だって思いますよね。
私は以前、住宅雑誌の編集をやっていましたから、多少なりともこの業界のことも知っていますし、住宅の知識もいくらかははあるので、自分ににできることは何でもお手伝いしたいと思いました。


まず、彼女が言ったのは「このハウスメーカー(○○ハウスとか○○ホームとかいう住宅会社)はいいとか、絶対ダメとかいう評判はある?」ということでした。たいていの人は家を建てようと思ったら、ハウスメーカーのモデルハウスを見て回って、自分のイメージに近い家を見つけたとか、営業マンと話をしているうちに気が合ってとか、無料で描いてもらったプラン(間取り)が気に入ってなどの理由で、建築してくれる会社を決めるようです。

それを聞いて、私がアドバイスしたことがいくつかありますので、まとめてみました。
①ハウスメーカーの設計とは
 たいていの場合、ハウスメーカーは設計パターンを持っていて、それを建主さんの希望にあわせてアレンジしていくという方法で設計しています。それは自由設計と言いつつ、工場生産品のような合理性を追求しているので、もしその規格を外れるような家を希望すると、実現のためにはかなりのエネルギーとお金を要することになります。
②設備機器や建材の自由度が意外に低い
 ①に関連しますが、例えば○○社のキッチンセットが気に入ったとしても、その製品がハウスメーカーの取引会社でなければ使えないことがあります。
③見積の方法
 見積の際、低めのグレードの設備や建材で見積もってくることが多いです。「もうちょっと高いグレードにして欲しい」と希望すると見積はどんどん高くなっていって、でも、一度上げたグレードはなかなか下げる気になりません。結局、当初の予算より高い見積で契約するという傾向にあると思います。

それ以外にもこまごまありますが、これらはハウスメーカーに共通する傾向だと思います。
評判がいいとか悪いとかというのは、その会社のやり方がいい、悪いというより、担当した営業マンや下請け会社(ハウスメーカーで実際に家を建てているのは、たいてい下請けの工務店です)の当たりハズレであることが多いです。もちろん、評判の悪い営業マンや下請け会社を使っているということは、その会社自体の姿勢にも問題はありますけれど。

050821-2005_edited.jpg

以上、ハウスメーカーについて書いてみましたが、じゃあ、どうやって選んだらいいのか、また機会があったら書いてみたいと思います。

Comments

Comments are closed.