失敗しない家づくり② 3つの方法から

①ではハウスメーカーの特徴について書いてみましたが、今回はハウスメーカーに頼むほかに、どんな方法があるのか、考えてみました。

家6.jpg


家を建てる方法としては
A 設計事務所に設計を頼み、実際の建築は建築会社に頼む―設計と建築を分ける方法
B 工務店や建築会社に設計と建築の両方を一緒に頼む
C ハウスメーカーに設計と建築の両方を一緒に頼む
以上の三つが上げられます。
一般的にはBとCの方法で建てるケースが多いと思います。
Aの設計事務所に設計を頼む方法は、「そこまでこだわって家を建てなくても」とか「なんかお金がかかりそう」と、普通の人は敬遠しがちな方法かもしれませんね。イメージとしては、ちょっとお金がある人が、マオカラーのシャツにジャケットなんかはおって、ひげたくわえた建築家といわれる人にこじゃれた(コンクリート打ちっぱなしとかの^-^;)家を建てるって感じでしょうか。

それぞれに一長一短あるので、どれが正解、という答えはありません。
建築費のことにしても、①の記事で書いたように、ハウスメーカーに頼んでも、気づくと結構高い金額なっていたということは珍しいことではありません。むしろ設計事務所(建築家)に頼む方が、場合によってはローコストで個性的な住宅を設計してくれるというケースも多いのです。
では、AとB・Cのどこが違うのか、また近いうちにアップしてみるつもりです。
引っ張ってすみません<(_ _*)>書き出すと膨大になるもので・・・。

家5.jpg
失敗しない家づくり①

Comments

Comments are closed.