O Holy Night

とてもきれいなクリスマスソングです。

クリスマスカード.bmp


O holy night, the stars are brightly shining
It is the night of the dear Saviour’s birth
Long lay the world in sin and error pining
Till He appeared and the soul felt His worth.

A thrill of hope, the weary world rejoices
For yonder beams a new and glorious morn
Fall on your knees!

Oh, hear the angel voices!
O night divine! O night when Christ was born!
O night divine! O night, o night divine!

23日と27日に多言語の仲間で集まりがあって「何か歌って」と言われ、いろいろ考えた末に、この歌はどうかな、と一緒に歌う友達と相談しているところです。

メロディーはこちらで聴くことができます↓
CYBER HYMNAL

この曲の作曲者はアドルフ・シャルル・アダン(1803-1856)という人。
オペレッタやバレエ音楽「ジゼル」などで19世紀パリの一世を風靡した人だそうです。
歌詞もPlacide Clappeauというフランス人が1847年に書いたもので、本来は生粋のフレンチ・クリスマス・ソングですが、John Sullivan Dwightというボストン生まれのアメリカ人が英訳したことによって、現在のような世界中で広く親しまれている英語のクリスマス・ソング”O Holy Night”となりました。
日本では、賛美歌第2編第219番に「さやかに星はきらめき」として収録されていて、そちらの歌詞で知っている方も多いようです。参照―St Aubins様

先日買ったIL DIVOの「THE CHRISTMAS COLLECTION]にも収録されていて、メンバーのみんながこの歌が一番好きとインタビューで答えてます(^0^)
クリスマスツリー.bmp

Comments

No Responses to “O Holy Night”

  1. julie and sally on 12月 22nd, 2005 8:07 AM

    歌うのかい?これ
    いやいい歌だね~英語だ・・

    できればピアノのOHMさんも誘いたいくらいだ

  2. むぎ on 12月 22nd, 2005 6:17 PM

    >歌うのかい?これ
    やっぱ、無理っぽいかな・・・と(=^_^;=)
    「のばら」くらいでお茶にごそうか・・・って、なして私ら歌わんきゃいけないんだべねえ。