七カ国語を話す日常がある??

今日は札幌地下街オーロラタウンのオーロラコーナーに、多言語活動のことを知ってもらうために、PRの展示をしてきました。

地下街展示2.JPG


私たちの多言語活動が始まって、今年で25周年。
それを機会に、今までの「7か国語で話そう」というキャッチフレーズが「七カ国語を話す、日常がある」に変わりました。
活動の内容そのものはこれまでと変わらないのですが、よりわかりやすく、親しみやすくということでキャッチフレーズが一新しました。

私たちの活動で重要なことのひとつに「いろいろな国のことばが聞こえてくる、話される環境」があります。
しかし「環境」ということばはちょっとわかりづらいかも・・・、ということで「日常」という表現を使うことにしたようです。
つまり、いつも暮らしている日常の中に「多言語=いろいろなことば」が当たり前にある毎日・・・、そんな暮らしがあったら、ことばがもっと楽しく話せるようになる・・・、そういうことがこのキャッチフレーズに込められています。

今日は午前中このディスプレイをし、午後からは今晩、私が多言語活動としてどんなことをしてきたのかを、いつも親しくしてくださっている人たちにお話しするための資料作りをしました。
そんなことをしているうちにあっという間に時間が過ぎてしまい、私がお話をする時間に。

そして、皆さんに私がこれまでやってきた多言語活動の話、そしてそれによって自分がどう変わったのか、これからどうなりたいのかという話を聞いていただきました。
なんだかてんてこ舞いしているうちに時間が過ぎてしまい、あれも言いたかった、これも知ってほしかったと、心残りもあるのですが、とりあえず、去年の秋からやってみたかったことが実現してほっとしています。

札幌にお住まいの方、地下街の展示はあさって(11日)までやっておりますので、時間のあるときに覗いてみてくださいまし。

地下街展示1.JPG7か国語の新年おめでとうです

Comments

No Responses to “七カ国語を話す日常がある??”

  1. kim on 1月 10th, 2006 4:01 PM

    毎年、素晴らしいレイアウト、見たい見たいと思いながら田舎から出られない私。
    明日までなのね。
    写真を見ても、カラフルで素敵です。
    人目をひきますね。
    見に行きたい!!
    新年から、お疲れ様です。

  2. むぎ on 1月 10th, 2006 4:36 PM

    今年は主催者5人のアイディアがこめられているので、去年よりバージョンアップしてます(^o^)
    おかげさまで、ご自由にお持ち帰りくださいのチラシもずいぶん無くなっていて、関心を持ってもらえたかな~と思っています。