PROMISE プロミス

中国ものとか、武侠ものはけっこう好きなんですけど、
この映画に関してはそれよりも
チャン・ドンゴン目当てで行ってきました。
プロミス1.jpg


プロローグは貧民の少女が幼い頃、
戦乱のさなか、兵士の死体から饅頭を盗むシーンから・・・。
生きる術さえも持たず、空腹に震える幼い少女の前に
運命をつかさどる満神が現れ、
少女は満神と「この世のすべての男の寵愛と不自由ない暮らしを得る代わりに、
真実の愛は手にしない」と約束を結びます・・・。

やがて王妃となった傾城(セシリア・チャン)。
同じく満神から「なにかに心を動かされ、涙を流したときに死ぬ」と予言される
伝説の花鎧を着る大将軍・光明(真田広之)。
その大将軍に忠誠を誓う天下一の駿足の奴隷・昆崙(チャン・ドンゴン)。
あらゆる宿命から傾城を奪おうと策略をめぐらす
無慈悲な侯爵・無歓(ニコラス・ツェー)。
その侯爵の命で暗躍する黒衣の刺客・鬼狼(リウ・イェ)

愛のために運命を変えようと闘う男たち。
一度はあきらめた本物の愛を手にしようと、愛に生きようとする女。
舞台は中華的だけれど、映画そのものはファンタジーです。

ワイヤーアクションとCGを駆使していて、
もう、ありえないことばかりなんですけど、
笑っちゃうことばっかりなんですけど、
いろいろ突っ込みどころもあるんですけど、
なんだか最後まで目が離せなかったというか・・・。

プロミス2.jpg

特にチャン・ドンゴン、やっぱり目が離せません。
「奴隷」という役どころに邪念いっぱいで観に行ったのですが、
チャン・ドンゴンきれいすぎ!
奴隷なのに美しすぎる。
もっと悲惨で、卑屈で、弱っちいところも欲しかった!
でも、きれいで目が離せない。
ずっと目が堪能、堪能・・・(≧▽≦)

ということで、かなり楽しんで帰ってまいりました。

Comments

No Responses to “PROMISE プロミス”

  1. kim on 2月 17th, 2006 11:04 AM

    チャン・ドンゴン、目がきれいで私も好き。
    印象的な人ですよね。
    そうですか、要チェックですね。

  2. アウラ on 2月 17th, 2006 12:31 PM

    昨日は二回目鑑賞してきてしまいました!
    チャンドンゴンの瞳、本当にきれいですね~
    だんだん髪の毛がキレイに整えられていくのをみるのも楽しかったです。
    鬼狼の銀髪が一番ツボでしたが(笑)

  3. むぎ on 2月 17th, 2006 3:27 PM

    kimさん
    よろしければ、ぜひ、ご覧になってください。
    真田広之も中国語素晴らしかったし、ニコラス・ツェーもいい味出してました。

    アウラさん
    早速2度目行かれましたか!
    鬼狼がアウラさんのツボなんですね。
    すごく感動するわけでも、手に汗握りっぱなしってわけでもないし、妙に緊張感がなかったりするのに目が離せない映画でしたね。
    私は崑崙が走るところがかなりツボでした。