SPIRIT

ジェット・リー、最後のマーシャル・アーツ(中国武術映画)出演作らしいです。

sprit1.jpg
公式サイト
 


ジェット・リーは、リー・リンチェイだったころ、好きでした。
しばらく彼の出演作は観ていなかったのですが、
昨年「ダニー・ザ・ドッグ」を観てから、出演作をいろいろ観ました。
そして先日、劇場にて新作であるこの作品を鑑賞。

100年前の中国に実在した伝説の武闘家、霍元甲(フォ・ユァンジア)を主人公にした映画です。
1910年に上海で開催された、史上初の異種格闘技戦から映画は始まります。
3人の敵を次々に倒すジェット・リー扮するフォ。
最後に対戦するのが、中村獅童演ずる田中安野。
まさにこの2人の死闘が始まろうとするところで、
画面は少年時代のフォへの回想シーンへ転じます。

優れた武術家を父に持つ少年フォ・ユァンジア(この子役、すごく可愛かったです)。
息子が同じ道に進むことを嫌う父。
だが、彼は秘かに鍛錬を積み、やがて天津一の格闘家へと成長しますが、
おごり高ぶったフォは、相手を死へと至らせ、それが殺された相手の報復を誘い、
ついに自分の母と娘が殺されてしまうことに。
そのショックと絶望のあまり、フォは放浪の旅へと出、
真の強さとは何かを悟ります。
そして、世界中から戦いの猛者が集い開催された世界初の異種格闘技の大会へ参加するフォ。
これが冒頭の対決シーンへとつながるのです。

悟りを開き、己を知るために闘うのだという凛としたフォの姿。
本当にきれいでした。
やっぱり中国武術、かなり好きなんだわ~と改めて思いました。
格闘技とか特別好きではないのに、中国武術だけは別で、
以前に実際に観に行ったこともあります。

あと、絶望のフォが行き着いた田舎の村の風景の美しさ、
天津や上海の街のようすなど、中国の風景もみんな好き。

最後の対決のクライマックスまで、
一気に観終えた映画でした。
sprit2.jpg

ただ、この映画を観た多くの人がおっしゃっているように、
エンディングに流れた日本語の歌はかなり興ざめでした。

Comments

No Responses to “SPIRIT”

  1. Melody on 3月 23rd, 2006 9:30 AM

    これがジェット・リー最後のカンフー作品と言われてるのですねえ。
    年齢的なものもあって、本格的カンフー映画はラストにするという
    ことなのでしょうか。。。

    ジェット・リーの次回作は、私の好きなジェイソン・ステイサムと
    再共演なんですよ~(*^。^*)
    今度はジェット・リー、悪役らしいです。
    ちょうどこの話題も出たことですし、うちのブログでも新作情報で
    取り上げてみようかな。
    「ダニー・ザ・ドッグ」といい、ジェット・リーは意外にいろんな
    役に挑戦していますよねえ。
    今後も活躍も楽しみです(≧∇≦)

  2. むぎ on 3月 23rd, 2006 11:52 PM

    Melodyさん
    >年齢的なものもあって、本格的カンフー映画はラスト>にするという
    >ことなのでしょうか。。。
    それもあるようですが、もうひとつ、マーシャル・アーツの役者(アクションスターということでしょうか?)の役割そのものにもリンチェイ(ジェット・リー)は疑問を持ち始めているということをインタビューで読みました。
    >ジェット・リーの次回作は、私の好きなジェイソン・>ステイサムと
    >再共演なんですよ~(*^。^*)
    そうなんですよね。私も次回作、楽しみにしてます。