飛天の話②

 

 

 

 

 

 

平等院の雲中供養菩薩像。

「飛天」ともいいますね。

メインの阿弥陀如来像より心惹かれてしまいます・・・

 

本来は鳳凰堂内で阿弥陀如来坐像の背後に配されていた飛天ですが、

現在は宝物館である「平等院ミュージアム鳳翔館」に展示されていて、

目の前で見ることができます。

 

全部で52ある飛天すべてを見ることができるわけではありませんが

展示されているひとつひとつが優美で、生き生きとしていて、

見ていて見飽きることがありません。

 

で、この飛天52躯をカード一枚ごとに一躯ずつプリントされた

「雲中供養菩薩像トランプ」を鳳翔館ミュージアムショップで発見。

もちろん、myお土産として買って帰りましたよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments

4 Responses to “飛天の話②”

  1. cappu on 5月 15th, 2008 11:42 AM

    お母様とご一緒の2人旅、古寺や飛天を堪能されて素晴らしい旅だったようで羨ましいです。
    私も古寺や飛天・古都の町並みなど観たり~聞いたり等は好きなのですが
    どうもいかんせん、小さい頃から歴史がニガテで~そのまま大人になってしまったもので、見聞きしても楽しむまでに至りません^^;)
    ~そんなわけでしたので、むぎさんのBlogはいつも分かりやすくてすごく楽しめます。
    ↑の「雲中供養菩薩像トランプ」とても珍しいですし、トランプの裏のデザインも色合いが綺麗ですね♪

  2. ダフネ on 5月 15th, 2008 2:58 PM

    おお!素敵なトランプ♪
    これで七並べなんかやると、圧巻ですね。

  3. むぎ on 5月 15th, 2008 10:29 PM

    ダフネさん☆

    確かに!
    七並べ、そのうちやってみます。

  4. むぎ on 5月 15th, 2008 10:35 PM

    cappuさん☆

    久しぶりに母と長い時間を共有しました。
    母も楽しかったと申していました。

    トランプ、なかなかよいでしょう♪
    ミュージアムショップを覗いて
    珍しいものを見つけるのも楽しみの一つですね。

Got something to say?