若狭の古寺を訪ねて

そもそもどうして小浜に行ったかというと、

画像にある国宝めぐりバスでお寺回りをして、

仏像三昧をしたかったからです。

小浜は奈良や京に都があった頃から、

日本海を隔てた大陸と都を結ぶ地として開け、

数々のお寺が建てられていました。

そんな古いお寺に仏様もたくさんおられる・・・

ということを、私の愛読書「見仏記 4」(いとうせいこう・みうらじゅん著)で読んでいて

いつか絶対に行ってみたいと思っていました。

 

見仏記がかかれた平成14年には

前年まで運行されていた国宝めぐりバスが廃止されたとあって、

お寺を回るのも大変そうだな~と思っていましたが、

「ちりとてちん」人気のせいなのか、バスが復活していました。

ただ、4月から11月の日・祝日のみの運行。

ということで、連休に京都にいるうちに行かなくては、

しかも祝日の日に!と訪れる日を決めて行ったわけです。

 

500円で乗り降り自由という国宝めぐりバス、

朝9時5分、小浜駅発のバスに乗り、

次のバスが来る45分間の間にひとつのお寺を拝観して、

停留所のある8つのお寺をすべて回って

小浜駅に戻ったら夕方の4時でした。

 

連休最終日で人はあまりいませんでしたが、

ピーク時には随分たくさんの人がお寺を訪れたようです。

でも、バスを使って全寺を回った人は少ないのでは・・・

お寺は山の上が多いので結構歩くのに

私にすべて付き合った母の元気にはびっくり。

宿のご飯も朝・夜すべて食べてしまったし・・・

 

仏様はどれも穏やかでよいお顔をされていました。

いちおう、お寺の方が説明などしてくださるのですが、

お寺によっては説明が終わった後「さっさと見て出んかい!」とばかり

入り口で早く戸を閉めたそうに立っていて、

もっとゆっくり拝見していたかったなと心残りも多少ありました。

 

でも、お天気にも恵まれて

のどかな農村の風景を眺めながらの国宝めぐり、

一日歩き回ったわりに疲れを感じなかったのは

仏様がたちが歓迎して、見守ってくださったせいでしょうか。

 

Comments

2 Responses to “若狭の古寺を訪ねて”

  1. 瑞穂 on 5月 9th, 2008 10:41 PM

    お母さん、元気\(◎o◎)/!
    とてもよい旅でしたね♪心が静かになりそうです。
    多分、「よさ」のわからんウチの子供らと行ってもウザがられるだけだと思うんで、こういうとこは「違いの解る人」と訪れてみたいです。

    それにしても
    >お寺によっては説明が終わった後「さっさと見て出んかい!」とばかり

    ありえないっ!バチ当たり!

  2. むぎ on 5月 10th, 2008 11:01 PM

    瑞穂さん☆

    先ほど母から電話が来て、
    なんと今日は東京の妹のところにいるようです。
    私もびっくりです\(◎o◎)/

    お天気に恵まれて本当にのんびりとさせてもらいました。

Got something to say?