法隆寺

 

 

 

 

 

5月4日は奈良・法隆寺へ行って来ました。

ゴールデンウイーク真っ只中ということで、かなりの人出でした。

この時期、法隆寺では普段見ることのできない仏像をはじめ、

いろいろ貴重な宝物などを見ることのできる特別展を行なっています。

 

母のところには3日から私の友人も泊まっており(なぜか彼女も母と仲良くなっています)、

法隆寺には友人と私の2人で行きました。

母はこの日は家で休んでいるとのことでしたが、

私たちが奈良に行っている間に京都まで行って、買い物をしていたらしい・・・

 

法隆寺は広い!

しかも今回は金堂・五重塔・大講堂から始まって、

大宝蔵院・大宝蔵殿・夢殿と法隆寺の境内をほとんど歩きました。

 

見るべき仏像・宝物がかなりたくさんあって、

今となっては記憶がごちゃごちゃになっていますが、

今年の秘宝展は「斑鳩宮と東院伽藍」をテーマとしていたほか、

金堂の須弥壇修理に伴い、

金堂安置の四天王像のうち持国天像と増長天像の2躯をはじめとする

飛鳥・白鳳時代の宝物の特別展示、

現代の名工の手によって再現された「平成の玉虫厨子」が目玉でした。

 

「平成の玉虫厨子」は見るまでは「どんなモン?」みたいな

あまり期待はしていなかったというのが正直なところでしたが、

実物を見て、その素晴らしさ、美しさに感動しました。

本物の玉虫厨子は漆もはげ、玉虫の羽もなくなっていて、

どんなに素晴らしかったといわれても想像の域を出ることはできません。

それが当時のままによみがえって目の前で見ることができた・・・

玉虫の羽の美しさを実感しました。

それにしても、玉虫厨子って何がまつられていたのか謎なのだそうですね。

 

法隆寺は謎の多いお寺です。

 

 

 

 

 

夢殿にて。

この時期と秋にのみ開帳されて秘仏「救世観音」を見ることができます。

そんなわけで、夢殿へたどり着くまでに延々人が並んでいます。

 

 

 

Comments

6 Responses to “法隆寺”

  1. ま~ちゃん on 5月 17th, 2008 9:02 PM

    奈良は近いんで、意向と思えばすぐ行けるんですね。
    でも、法隆寺っていつ以来行ってないんだろう・・・。

    多分、小学校の遠足で行ったきりのような・・・。
    まぁ、近いとこんなもんです(*^_^*)

  2. 池っち on 5月 18th, 2008 11:50 AM

    法隆寺は添乗で数回行きましたけど、添乗だとあんまりゆっくり見られないんすよ。

    殆ど記憶無いんすよねー。

    今は「海」「食事」「風景」ばっかりに夢中なので、「お寺」巡りはもうちょっと後になりそうです。

  3. 瑞穂 on 5月 18th, 2008 5:22 PM

    学生の時、秋のご開帳にあわせて夢殿を見に行きました…
    すごい人がいて、懐中電灯でお顔を照らして
    「いい表情ですねー」
    って言ってました(汗。
    本当に好きな方なんだな~って思いましたよ。

    修学旅行ん時、「法隆寺を作った人」って問題に
    「大工の源さん」って答えてたヤツいたっけ(^_^;)。

  4. むぎ on 5月 18th, 2008 8:15 PM

    ま~ちゃんさん☆

    近いとそんなものだと思います。
    私も北海道にすんでいるけれど、
    スキーに行ったのはもう、ずーっと昔ですから・・・

  5. むぎ on 5月 18th, 2008 8:17 PM

    池っちさん☆

    私も「食事」は欠かせない要素ですね~
    法隆寺は大人になってから3度訪れています。
    隣の中宮寺の弥勒菩薩もなかなかよい仏様ですね。

  6. むぎ on 5月 18th, 2008 8:20 PM

    瑞穂さん☆

    >懐中電灯でお顔を照らして
    これは、仏像〇タクの方の必需品です。
    私はそこまでできなくて、
    懐中電灯持参している人を見ると
    「なかなかやるのぅ~」と感心してしまいます。

    今回はお寺の方、もしくはガードマンの方が
    救世観音のお顔を照らしてくれていたので、
    しみじみと拝見することができました。

Got something to say?