キャンバストレイン

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、地下鉄東西線で時々こんな車両を見かけます。

 

この車両は「キャンバストレイン」といって、

7月23日から8月30日まで運行されています。

 

地下鉄東西線で開業以来走っていた6000形車両がこの8月に廃車となります。

そこで札幌市交通局ではこれまでの市民の利用に感謝の意を込めて

この形の車両一編成を使用して、沿線の子どもたちを主体として

車両側面にイラストや絵を描いてもらいました。

それがこの「キャンバストレイン」というわけですね。

 

イラストは東西線の沿線区であ西区、中央区、白石区、厚別区をテーマにデザインされ、

札幌市立大学デザイン学部の学生さんと子どもたちの協同で描かれたそうです。

こちらで子どもたちが絵を描いているようすを見ることができます→札幌市交通局の公式サイト

とても可愛らしくて、楽しいデザインなので、乗る時になんだか嬉しい気持になりますね。

 

さて、6000形車両とは1976年、東西線の開通に伴って登場した車両です。

ちなみにこの時は琴似―白石間の運行でした(なつかしー)

いつもお世話になっている地下鉄なのに車両について注意したことはなく、

改めて調べてみると、緑色の車両が6000形らしいということがわかりました。

車内の壁に札幌のイラストが描かれているヤツですね。

32年前から親しまれていたこの車両が

8月いっぱいで見られなくなる(乗れなくなる)のはちょっとさびしい気がします。

 

Comments

6 Responses to “キャンバストレイン”

  1. 池っち on 7月 31st, 2008 4:46 PM

    札幌で地下鉄って年に1回乗るか乗らないか?ですけども、10年程前に平岸の営業所に居た頃、数回乗った事ありますねー。

    小学校時代に札幌に遊びに行った際『タイヤの地下鉄だー』って驚いたの覚えてますわー。

  2. MALICE on 7月 31st, 2008 7:08 PM

    あっ、数日前にテレビで見ました!!

    廃車になるからって・・・・とっても可愛らしい感じになりましたね。
    緑とかの地味な地下鉄より、こっちの方がいい感じです。

    ・・毎日乗るわけじゃないから言えるんですけどね(^^ゞ

  3. むぎ on 8月 1st, 2008 8:01 AM

    池っちさん☆

    わが家が街中にあることもあって、
    地下鉄にはホントにお世話になってます。

    札幌の地下鉄ってタイヤを使っている珍しい方式なんですが、
    そのメリットって音が静かなくらいで、他は特別ないらしいです。

  4. むぎ on 8月 1st, 2008 8:03 AM

    MALICEさん☆

    この電車の絵、ほんと、可愛らしいです。

    エコとか、省資源とか考えるなら
    極力マイカーを自粛して公共交通機関を利用しましょうね。

    私は車を運転しないこともあって、
    地下鉄とかバスとか電車に乗るの、好きです。
    郊外へ行く時はちょっとした旅行気分になりますよ。

  5. cappu on 8月 1st, 2008 9:12 AM

    前に何度か見たことがありますが、いつも東西線に乗るのにあまり見かけないのは利用する時間が遅いからかな。
    色もいいしデザインもカワイイですね♪ほのぼの~イメージ。
    緑色の地下鉄にたま~に見かけるイラスト地下鉄があると、慌ただしい毎日も何かしらホッとしますね♪

  6. むぎ on 8月 2nd, 2008 6:52 PM

    cappuさん☆

    乗ってしまったら外のイラストなんて関係ないのですが、
    乗る瞬間に嬉しい気持になりますよね。

    6000形は内部にも札幌の観光名所のイラストが施されていて、
    私は好きでした。
    この車両がなくなると思うとなんだか寂しいです。

Got something to say?