カンフー・ダンク!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑公開初日だったので初日特典で、

主演のジェイ・チョウのサイン入りポストカードもらっちゃいました。

 

以前、記事にした俺達フィギアスケーターくらい、ばかばかしくてありえない映画。

 

カンフー学校で育った孤児のシージエが大学のバスケットチームに入り、

ありえない技を駆使して大活躍。

それに悪役や親探し、恋愛のエピソードなどもあって

とにかく何も考えずに安心して楽しめる映画でした。

 

主役のシージエを演じたジェイ・チョウは

「王妃の紋章」で観た時にちょっと注目していました。

って、彼はアジアの大スターなんですね。

 

あと、シージエのチームメイトの2人を演じた

チェン・ポーリンとシャオ・ランがなかなか美形でよかったです。

 

そして、窮地に陥ったシージエたちを助けに来た

カンフー学校の4人の先生達もありえないけど、かっこよかった。

 

わざわざ劇場で観なくても、CDやテレビで十分といえばそうかも・・・と思いつつ、

でも、やはり迫力と、何者にもじゃまされずに集中して観られる魅力に

できるだけ劇場で観たいと思って行ってしまいます。

 

ただ、今回は字幕ではなく、吹き替えでしか上映されていなく、

中国語を聞きながら観たかったな~とちょっと思ったりもしました。

「カンフー・ダンク」オフィシャルサイト

 

Comments

2 Responses to “カンフー・ダンク!”

  1. MALICE on 8月 17th, 2008 8:36 PM

    CMしてますね!

    ありえないバスケの試合(笑)
    だから、最初からバスケの映画って考えない方がいいのかも。。

    サッカーとかもあったし、一通りのスポーツはカンフー○○で映画化されちゃうかもですね(^^ゞ

  2. むぎ on 8月 18th, 2008 11:38 AM

    MALICEさん☆

    カンフー○○、これからもできるかもですね。

    ありえないバスケの話は9月にも上映される予定で、
    バスケ好きのオットと見に行く予定です。
    こちらも楽しみです。

Got something to say?