よりディープな千秋庵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千秋庵本店の地下1階にある「菓子工芸館」

この下の地下2階が先日紹介した「メルヘン人形館」です。

 

菓子工芸館にはお砂糖やマジパン、落雁などで作られた工芸品が展示されています。

午後1時から3時までのオープンで、誰でも無料で入って見ることができます。

展示された作品を見ていると、異空間に迷い込んだような気がしてきます・・・

 

↓「北の鹿鳴館」 

 

 

 

 

 

 

 

↓内部では人形たちがダンスを踊っています。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓はまなす。本物そっくりです。

 

 

 

 

 

 

 

↓でも、この「かに」のそっくりぶりにはかないません( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↓なぜか2匹の馬。

 

 

 

 

 

 

 

 

↓この目つきがちょっとコワいです(≧∇≦;)

 

 

 

 

 

 

 

Comments

4 Responses to “よりディープな千秋庵”

  1. 池っち on 9月 30th, 2008 11:52 PM

    旭川にも千秋庵あるんですけども、何か閉店するとか?

    最近、お菓子とかスイーツとか売る店増えて、採算合わなくなってきたのかなぁ?

    札幌は地元ですから根強い人気なんでしょうけどねー。

  2. むぎ on 10月 1st, 2008 10:11 PM

    池っちさん☆

    札幌の千秋庵本店も以前は広い売り場面積と
    独自の喫茶店やレストランがありましたけれど、
    この数年で縮小して、イタリアンレストランになったりしています。

    売られているお菓子、パッケージとか味わい深いのですが、
    今時のおしゃれな「スイーツ」とはちょっと違う感じがしますので、
    なかなか経営も大変なんじゃないでしょうか。
    って、勝手に分析してますが・・・

  3. セントレア on 10月 2nd, 2008 9:54 AM

    おはようございます。

    どれも精巧にできてて、感心してしまいますね。
    これがお砂糖やマジパンや落雁だなんて、実際に見ても言われなければわかりませんよね~

    それに・・・
    作品のテーマというかコンセプトみたいなものがあれれ?・・というところが石屋製菓ぽくっておもしろいです。(笑

    また楽しみが増えましたっ!

  4. むぎ on 10月 2nd, 2008 7:13 PM

    セントレアさん☆

    次回、ご案内しますか!?
    札幌市民でもなかなか行かない、ディープなスポットですよ。

Got something to say?