Kitaraでジャズを聴く

 

 

 

 

 

 

 

 

夕べ、札幌コンサートホールKitaraで行われた

コンサートに行ってきました。

 

↓こちらのジャズフェスティバルです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これぞ正統ビバップというような

「ルイス・ナッシュ&ビバップ・オール・スターズ」の演奏を堪能しました。

 

ほかにイリアーヌ・イリアスによるボサ・ノヴァ。

彼女の心地よい声とボサ・ノヴァのリズムに癒されましたが、

このグループのドラムが秀逸でした。

リズム感はいうまでもなく、その音に聞きほれてしまいました。

ちなみに今年はボサ・ノヴァ誕生50周年だそうです。

 

そしてもう一グループ、ジャズ・ヴァイオリンのカルテットで、

そんなジャンルもあるのだな~と思いました。

 

で、すべての演奏で感じたのは

演奏し始めた最初の音(特にピアノ)に何か違和感が・・・

その後すぐに慣れるというか、気にならなくなるのですが。

 

アンプを使ってマイクを通した音というのが

クラッシックのコンサートホールであるKitaraでは違和感になるのかな?

多分、アコースティック演奏だったら、

音に関してはもっと違う印象だったような気がしました。

 

とはいえ、久しぶりに安心できる「きちんとしたビバップ」を聞いて

ご機嫌な気分で帰途につきました。

 

 

 

Comments

4 Responses to “Kitaraでジャズを聴く”

  1. 池っち on 11月 6th, 2008 11:17 PM

    生音と、スピーカー通す音。
    確かに反響も違いますモンねー。

    ジャズみたいなジャンルだと余計そー感じるのかな?

  2. むぎ on 11月 7th, 2008 4:57 PM

    池っちさん☆

    そもそもKitaraというところが
    クラシック音楽を聴くためのホールだからなのでしょうね。

    オーケストラとか聴くとすごくよいですから。

  3. サムディ on 11月 7th, 2008 8:55 PM

    こんにちは。

    Kitaraでジャズですか。
    秋にボサ・ノヴァですか。
    「いいなぁ~」
    今回お聴きになった
    富士通コンコード・ジャズ・フェスティヴァルは
    確か、老舗の部類ではなかったでしょうか。

    >ご機嫌な気分で帰途につきました
    いや~、最高の感想ですね。
    やはり音楽聴いたらご機嫌になりたいですよね(^^)

  4. むぎ on 11月 9th, 2008 9:19 PM

    サムディさん☆

    >秋にボサ・ノヴァ
    確かにいい感じですね!!

    富士通コンコード・ジャズ・フェスティヴァルは
    おっしゃるとおり、今年で23年目ですから
    老舗のフェスティヴァルですね。

Got something to say?