おいしいキムチの食べ方

oishiikimchi

先日、わが家にホームステイしていたヤンさんが教えてくれました。

 

上の画像はヤンさんのお土産のキムチ。

工場で漬けた製品ですが、

すべてアジュマ(おばちゃん)たちが手で漬けたもの。

人の手がキムチをおいしくするのですね。

 

で、このおいしいキムチをよりおいしく食べる方法です。

 

普通は白菜の葉を横にして繊維を断ち切るカタチで切ります。

そうすると、白菜の葉だけ、茎だけの部分ができます。

↓こんな感じ

kimchi2

 

ところがヤンさんが教えてくれたのは、

白菜の葉を繊維に沿って縦に裂くという方法。

そうすることで葉の部分も茎の部分も一緒に食べられます。

 

裂くときは必ず手で裂くこと。

トップの画像のキムチはそうやってヤンさんが裂いてくれたものです。

 

実際に食べてみたら、ホント、おいしい。

 

それ以来、わが家ではキムチを縦に裂いて食べています。

Comments

4 Responses to “おいしいキムチの食べ方”

  1. 池っち on 2月 18th, 2009 3:17 AM

    これ知ってます!
    ソウルのキムチ屋で教わりましたw

    ただ日本のスーパーで買うと最初っから切ってありますもんねー。

    なかなか、その知識も応用出来まへん^^;

  2. 瑞穂 on 2月 18th, 2009 1:44 PM

    なるほど!
    白菜の漬物も、基本的には横に裁断してあるので「白いトコ」は人気ありません(ウチでは)。
    緑の葉っぱ部分で御飯をくるっと巻いて食べるせいもあるのですが。

    確かに、池っちさん仰るとおり、日本ではキムチは最初から切ってありますね。

  3. むぎ on 2月 19th, 2009 7:29 AM

    池っちさん☆

    日本のスーパーのキムチは確かにあらかじめ切ってありますね。
    キムチ鍋にするならそれでもいいのですけれどね。

    私の場合、スーパーのキムチはもっぱら鍋に使い、
    キムチそのものをおいしく食べるときは専門店で株の状態で買っています。

  4. むぎ on 2月 19th, 2009 7:30 AM

    瑞穂さん☆

    私はどちらかというと葉よりも白いほうが好きです。
    一緒に食べる人に葉の好きな人と白いのが好きな人、両方いるといいですけれど。

    子どもの頃は葉っぱでごはんを巻いて食べるの、好きでした。

Got something to say?