笹の子

zitakenoko

 

少し前まで北海道で「たけのこ」といえば

根曲がり竹の子「笹の子」のことでした。

 

根曲がり竹は、北海道や東北の山地に自生する笹類の筍で、

5月~6月の初夏にかけて山に入って採ります。

 

この時期は毎年、竹の子採りに入って迷った人のニュースが話題になりますね。

笹薮の中を下を向いて夢中になって採っていると

方向がわからなくなるというのは子供のころから聞かされたものです。

それでも迷ってしまう人は毎年後をたたない・・・

そのくらい魅力的な山菜なのですね、笹の子は。

 

先週の土曜日、場外市場近くの札幌青果店で笹の子を購入。

 

「あく」はそれほど強くないですが、米の研ぎ汁でゆでました。

zitakenoko2

 

ゆでたてを「味噌マヨネーズ」で食べました。

 

自分で山に入って採ればもっと新鮮で香り高いでしょうが、

この笹の子でも十分に初夏の味を堪能できました。

Comments

2 Responses to “笹の子”

  1. セントレア on 6月 10th, 2009 10:31 PM

    艶やかでとってもおいしそうですね、笹の子。
    見ているとよだれが出てきそうですよ~

    こちらでは市場でも売っていませんし、山に入っても採れません。
    ・・・行くしかないですね、味わうには。(笑

  2. むぎ on 6月 11th, 2009 3:23 PM

    セントレアさん☆

    笹の子はこの時期の北海道(東北も?)でしか味わえませんね。
    あ、そろそろ終わりかも・・・
    山菜も最近はハウス栽培されていますが、
    山で採れたもののおいしさにはかないませんね。

    ただ、そのためにこの時期は山で迷う人がたくさんいますが・・・

Got something to say?