気分は宇宙旅行

 

宇宙オタクのオットと一緒に見てきました!

IMAXシアターで初めて3D映画を観ました。

IMAXシアター、

「手を伸ばして触れたくなる、驚異の映像体験」とあるように、

本当にその臨場感、迫力に圧倒されました。

 

地上約600km上空の軌道上を周回するハッブル宇宙望遠鏡。

ウチのオットと来たら宇宙関係のテレビ放送は

BS、CS、地デジほとんど録画してあり、

それを何度も繰り返してみるというオタクっぷりで、

なのでハッブル望遠鏡の名前も

宇宙に関する用語も耳にしてはいるものの

私にはちんぷんかんぷんのことが多く、

正直、楽しめるかな~と思いながら劇場へ行きました。

が、しかし!これがものすごく面白かったです。

 

まるで目の前にハッブル望遠鏡が浮かんでいるような立体感、

目の前でロケットが打ち上げられたような臨場感、

そして本当に宇宙船で宇宙をさまよっているように

次々と星や銀河が現れては消えてゆき、

あるいは銀河の奥深くのぞき込み、星の終焉を見、

新星の誕生を目の当たりにするというように、

ちょうど海中の映像で魚群が現れたり、

海藻やイソギンチャクがたなびく・・・という感じです。

 

イヤ、ホント、行ってよかったです。

 

ところで、ハッブル宇宙望遠鏡、1990年に打ち上げられていて、

わが家の長女猫と同じ年齢です。

そして、もう使い物にならないと言われたこともありながら

3度のメンテナンスで今も貴重な映像を送ってくれています。

もう、長生きできないと言われながら

頑張って生きている長女猫とダブります。

 

ハッブルの寿命はあと5年くらいらしいです。

長女猫とどっちが長生きするのかな。

などと考えているととても親近感がわいたので

これからは「はっちゃん」と呼ぶことにします。

Comments

2 Responses to “気分は宇宙旅行”

  1. 池っち on 2月 2nd, 2012 11:20 PM

    父の故郷の『鹿児島県・内之浦町(現肝付町)』にロケット発射基地があるので、僕も子供の頃から宇宙には憧れ抱いてました。

    今度、その内之浦から打ち上げられた『はやぶさ』の映画が公開されるので楽しみにしてます♪

  2. むぎ on 2月 4th, 2012 4:25 PM

    池っち様

    3Dでも臨場感たっぷりですごかったのですから、
    実際のロケット打ち上げはもっと迫力があるのでしょうね。
    今回の映画の宇宙から見た地球もとてもきれいで、
    本当に宇宙旅行がしたくなりましたよ。

Got something to say?