春の味覚

札幌は昨日も、今日もまだまだ冬のような天候ですが、

先日、春を味わいたくてこんなものをお取り寄せしてしまいました。

 

京都・神崎屋の筍料理づくしと筍御飯のセット「竹林倭人」です。
  

 

筍木の芽あえ 

筍つくり風、菜の花のおひたし・椎茸煮・だし巻き玉子

 

 焼き筍・よもぎ麩・粟麩

筍天・筍かつお煮

 

北海道としては一足(イヤ、二足くらい)早い春の味覚。

筍尽くしのお料理に、おなかの中がきれいになったような気がしました。

 

同じ日本でも桜の開花のニュースも聞かれる地方もあるというのに、

北海道ではいい加減に、雪降るのやめてほしいと思う今日この頃です。

Comments

3 Responses to “春の味覚”

  1. Soo Peng on 4月 1st, 2012 12:26 AM

    Looking at your post’s photos, reminded me, that your home cookings’s dishes taste better than the dishes from the restaurant.

  2. 石原荘史 on 4月 5th, 2012 12:51 PM

    2005年に取り上げていただいた「石原通考」の孫です。
    取り上げていただいてありがとうございました。

  3. むぎ on 6月 20th, 2012 5:58 AM

    石原様。
    お返事が遅くなり、申し訳ございません。
    以前、ご縁で取り壊し前の石原邸を取材することとなり、
    そこで「素顔のさっぽろ市政」をいただき、とても興味深く読みました。
    石原通孝様始め、多くの方の市政へのご尽力が今の札幌の礎となっていると
    感謝せずにはおられません。
    今後ともよろしくお願いいたします。

Got something to say?