日本語スピーチ発表会

6月19日から1か月間、日本語の勉強に来て、
わが家で2週間ホームステイした韓国のボラちゃんが
今日、帰ります。
ボラちゃんホームステイ中

ボラちゃんは、私の卒業した学校で
昨年から始めた「夏期日本語集中コース」に、
韓国のほか台湾、アラスカからの学生16人と一緒に参加していました。

1昨日はこれまでの勉強の集大成として、
日本語スピーチ発表会があり、
ホストファミリーも招待されたので行って来ました(^o^)

札幌の街並み_edited.jpg藻岩山から見た札幌の街並み。
ボラちゃんとは藻岩山を始め、
幌見峠、羊ケ丘、大倉山、ちざきバラ園など、
高いところから見下ろした札幌の街並みをずいぶん見ました。

スピーチの内容はたいていの学生が日本(札幌)での思い出、印象などでしたが、
それぞれに感じ方が違い、とても興味深い発表会でした。


ボラちゃんの話したテーマは「1ヵ月間の日本」
こちらに来た当初は緊張していたけれど、
だんだん慣れていって楽しく過ごせたこと、
韓国のことを聞かれてちゃんと答えられないこともあったので、
もっと自分の国のことを知らなければと思ったなどということを、
とても上手な日本語で発表しました。

ボラちゃんの発表は、もう「親バカ」で聞いていたので、
何を話しても「よかった」でしかありませんが、
他の学生の時はもう少し客観的に聞くことができ、面白かったです。

特に印象に残ったのは
「日本ではあいさつをたくさんすると思った。
朝起きておはよう、ご飯を食べる前にいただきます、
食べ終わったらごちそうさま、
出かける時は行って来ます、帰ってきたらただいま、
寝る前におやすみなさい・・・。
それからありがとうとごめんなさい・・・。
韓国はそんなに挨拶をする習慣がないが、
挨拶はとてもよいことなので、帰ってからもやりたい」
というスピーチでした。

それを聞いて、
「え?韓国ってそんな挨拶をしない国だった?」と驚きましたが、
後でボラちゃんに確認すると、
その発表をした学生の家がそういう家だっただけで、
たいていの家では挨拶をしているということで、なんとなく安心(^_^)

挨拶でついでにいうと、
ボラちゃんは本当に礼儀正しい子で、
朝起きたら必ず私と夫のところに来て「おはようございます」と言うし、
学校に行くときは「行って来ます」
帰ってきたら、やはり私と夫を見て「ただいま」と言っていました。

これまで何十人という受け入れをしていますが、
こんなにちゃんと挨拶を欠かさなかった子は
ボラちゃんがはじめてです。
そして挨拶をちゃんとするだけで、
本当に可愛い子だと心から思えました。

この経験をもとに、
今年韓国にホームステイに行く子達には
「ちゃんとお父さん、お母さんの目を見て挨拶しようね」と言っています。

ボラちゃんたち.jpg
昨日のフェアウエルパーティで、これまでのお礼に歌を歌う日本語集中コースの受講生たち。

Comments

No Responses to “日本語スピーチ発表会”

  1. ダフネ on 7月 24th, 2005 10:05 AM

    >「え?韓国ってそんな挨拶をしない国だった?」

    私も読みながら、え?っと思いましたが。違いますよね。韓国のドラマを観ると、目上の人や親に対する態度が、日本以上にとても礼儀正しいですよね。
    親しい人と、そうじゃない人は名前の呼び方も違うんですよね。

    ボラちゃん、今日帰られるんですか・・・。寂しくなりますね。と言っても今度はむぎさんが出発ですね。

    韓国は北海道に比べたら暑いんでしょうか・・・。確か冬の寒さは厳しいと聞いたような。

  2. むぎ on 7月 24th, 2005 11:56 AM

    ダフネさん
    いろいろな国の人、いろいろな人と知り合うたび、「国じゃなくて人なんだ」ってことを感じます。確かにお国柄ってありますが、最終的にはその人がどうなのか、ってことになりますね。
    ○○人だから挨拶するとかしないとかじゃなくて、その人がちゃんと挨拶できる人かどうかってことなんですね。

    >韓国は北海道に比べたら暑いんでしょうか・・・。
    そうなんです。特に私の行くテグは、韓国で一番暑いところです。5月に行った時でも、30度以上ありましたから(; ;)