台風の名前

アメリカではハリケーンに「カトリーナ」などの名前がついていて、
「ああ、あのひどかったヤツ」と後でイメージがわきやすいですが、
日本は「第○○号」と覚えづらいなあと思っていたら、
実は台風にも名前があったんですね。
台風衛星画像_edited.jpg今朝の衛星画像


気象庁のホームページを調べてみました。
すると「毎年1月1日以後、最も早く発生した台風を第1号とし、
以後台風の発生順に番号を付けています」とありました。

な〜んだ、やっぱり名前を付けてないのかとがっかりしたのですが、
番号のほかに名前もあるらしく、
「台風には従来、米国が英語名(人名)を付けていましたが、
北西太平洋領域で発生する台風防災に関する
各国の政府間組織である台風委員会(日本ほか14カ国等が加盟)は、
平成12年(2000年)から、
北西太平洋領域で発生する台風には
同領域内で用いられている固有の名前
(加盟国の言葉で動植物や自然現象に関係する名前)をつけることになりました」
とありました(^o^)

平成12年の台風第1号にカンボジアで「象」を意味する「ダムレイ」の名前が付けられ、
以後、発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用いてゆき、
その後再び「ダムレイ」に戻ることになっているのだそうです。

順番としてはカンボジアの次が、
中国、北朝鮮、香港、日本、ラオス、マカオ、マレーシア、
ミクロネシア、フィリピン、韓国、タイ、米国、ベトナムとなっています。

そしてどんな名前が用意されているかというと、
動物の名前のほか、植物、神様の名前、人の名前など様々です。

日本は星座名で統一されています。
具体的にはてんびん、ヤギ、ウサギ、カジキ、カンムリなど。

もっと知りたい方はこちらをどうぞ↓
気象庁ホームページ・台風のアジア名

このように名前が決まっていても、日本では台風○○号と数字で言うことがほとんどですが、「本日、台風ヤギ、接近中」とか「今年最も規模の大きい台風ウサギは・・・」とかいう予報だったらなんだか調子がくるう気もしますね^o^;
ちなみに、現在に来ている17号はベトナムの「サオラー」。最近見つかった動物の名前なんだそうですけど、どんな動物なんだ?と、調べてみました。それから、これが140番目なので、18号は1番のカンボジア「ダムレイ(象)」に戻るんですね。

サオラー_edited.jpgこの子がサオラー

Comments

No Responses to “台風の名前”

  1. kim on 9月 24th, 2005 8:38 PM

    昨日、Mさんが○○ちゃんとか、ハリケーンの名前を仰っていましたね。
    本当、素敵な名前がついている。
    台風にも、あるんですか?
    うーん、深いですね。

  2. むぎ on 9月 24th, 2005 9:47 PM

    kimさん
    この記事を書くのにちょっと台風のことを検索してみたら、台風17号(サオラー)とかって、ちゃんと名前も併記されてました。知ってる人は知ってるってことなんでしょうね。

  3. ばるこ on 9月 29th, 2005 12:13 PM

    カキコするのはお久です。

    私が関係している仕事上のトップは、リタという名前の女性CEOなんですよ。しばらくは、社内では、ハリケーンリタって呼んで騒いでました。(いえ、本人の前では口がさけてもハリケーンリタなんて言えませんけどね。ハイ)

    日本でそうなのですから、あっちではもっと言われているんでしょうか。

    さあ、これから気象庁のページ行ってきます。おもしろそ〜。

  4. むぎ on 9月 29th, 2005 7:19 PM

    ばるこさん
    お久しゅう!
    あちらでカトリーナちゃんやリタちゃんは、今年ちょっと可哀想だったかも。
    ハリケーンの場合は、あまりにも大きな被害をもたらした名前は永久欠番になるらしいです。