零余子

mukago.JPG

「零余子」と書いて「むかご」と読みます。
山芋の葉の付け根にできる、
小指の頭ほどの球芽だそうです。


画像は京都でいただいたむかご。
松茸、貝柱とともに炭火焼にして、
ポン酢でいただきました(^o^)
松葉に刺した小さな球がむかごです。

名前は聞いたことがありましたが、
食べたのは今回がはじめて。
しっかりした歯ごたえで噛みしめると、
ほくっとした食感が口に広がります。

ムカゴの食べ方としては、
ムカゴご飯が一般的みたいです。
そのままご飯を炊く前に入れるだけとのこと。
また、塩ゆで、味噌汁の具などのほか、
ゆでてガーリックバター炒めというのも紹介されていて、
あの食感はビールにも合いそうと思いました。

上の画像、父の御霊なぐさめの直会(なおらい)で、
京都のお料理屋さんで食べた会席の焼き物
「炭火焼き 
 焼き松茸 貝柱諸味焼き 零余子海胆上げ松葉指し 
 すだち 割ぽん酢」です。

この日の吸い物は松茸土瓶蒸しでした( ̄∇ ̄)
前日に母のところで松茸ご飯も食べたので、
今年はもう、3回も松茸を食べてる〜♪
dobin.JPG
↑松茸土瓶蒸し 
 海老 焼き鱧 銀杏 三つ葉

Comments

No Responses to “零余子”

  1. MALICE on 9月 23rd, 2006 10:50 PM

    むぎさん、こんばんわ☆
    「むかご」って始めて聞きました!!

    山芋なんて、スーパーで売ってるのしか知らないような・・。意識してないだけかな??

    ・・へぇ〜っと思いつつ読んでいたら、、「松茸」食べたんですか!?
    3回も食べてるなんてずる〜ぃ!!来月車検じゃなかったら・・。

  2. むぎ on 9月 23rd, 2006 11:10 PM

    MALICEさん
    多分、北海道では売られてないのでは?「むかご」

    松茸、今年は食べてますよ〜
    へっ、へっ、へっ・・・
    でも、もうこれで食べ納めかな?

  3. kim on 9月 24th, 2006 7:12 PM

    むかご、私も知りませんでした。
    北海道は、やはり食文化が違うのでしょうか?
    松茸も、北海道ではなかなか口には入りませんね。
    うらやましいわ。

  4. むぎ on 9月 24th, 2006 8:58 PM

    kimさん
    今年はラッキーなことに、松茸をずいぶんいただいてます(^o^)
    北海道じゃなくても、松茸はやっぱり、なかなか口に入らないものですよ(^o^;特に国産は・・・

  5. 寿司屋のおかみさん小話 on 9月 25th, 2006 6:52 PM

    わ〜〜〜
    めづらしいですね。
    むかごというのですか?
    知らなかったです、興味津々。
    これは普通に手に入るものなのでしょうか。
    やはり内地じゃないと無理かなあ?
    球根の味というと、、、、ゆり根みたいな味かな
    見た目は椎茸みたいに見えるなあ。
    一度食べてみたいですね。

  6. むぎ on 9月 25th, 2006 10:23 PM

    寿司屋のおかみさん小話さん
    むかご、北海道では見たことないですよねえ。

    食感はちょっとゆり根に煮てるかな?

    珍しくて、おいしくてあっというまに食べてしまいましたが、ゆでてガーリックバター炒めというのを、食べてみたいです・・・

Got something to say?