災害もしくは災難女

450-200707180051371513.jpg

2006年04月12日の記事でも描きましたように
私は災害もしくは災難にあう確率が高いように思います→災害女


この時にアップした災害をおさらいしてみると、
・就職した最初の年、
 夏休みで帰省中に集中豪雨があり道路が水浸しで、
 夏休みが終わっても、札幌に丸一日、戻れなかった。
・学生時代、家に帰るために私と友達が乗っていた電車が脱線。
 大きな事故にはならず、けが人も出なかったが、
 電車を下ろされて、
 線路伝いに札幌駅まで歩いて戻った。
・雨の降る中、キャンプを決行したら、
 土砂崩れで道路がふさがり、帰れなくなった。
・仕事関係でフィンランドに行った帰路、
 成田が雪で飛行機が滑走路に降りられず、
 羽田に下りたはいいけれど、札幌に戻れずに東京で一泊した。
・留萌に取材に行ったら大雨で、
 翌日ホテルが陸の孤島になり、その日帰れなかった。
・冬、京都の母のところに行ったら、
 帰る日に千歳が大雪で飛行機が飛ばず、伊丹で一泊した。
・ホームステイでロシアに行ったら、
 オーバーブッキングで私たちのグループだけ積み残され、
 またイルクーツクのホストの家に戻って2泊した。
ということなのですが、これを書いてから
もっと災害・被害にあっていたのを思い出しました。

・高校入試の時、大雪のため2日目の入試日が中止となり、
 1日後に実施された。
・結婚して5年目くらいに自宅マンションに泥棒に入られた。
・6年位前、会社に泥棒に入られ、私のカメラが盗られた。

さらに今年に入ってからも、1月に上京した際、
千歳空港が吹雪のため帰ることができず、一泊しています。

前回も書きましたが、
どの災害・被害も決定的な大事には至ってはいません。
泥棒被害も自宅マンションでは1万円とられただけだし、
会社で盗られたカメラも泥棒が捕まって戻ってきています。

さて、これからもこんな災害・災難が続くのかというと・・・

実は今回はアメリカでホスト宅に空き巣が入りました。
ホストは宝石とお金を盗られましたが、
私はパスポート、お金など貴重品をすべて持ち歩いていたため、
リュックサックを盗られた(多分、盗んだものを入れるため)ほかは、
大きな被害はありませんでした。

Comments

No Responses to “災害もしくは災難女”

  1. ゆう on 8月 27th, 2007 11:08 AM

    ほおお〜。。。
    むぎさんて、いろんな経験?をされてるんですね^^;
    あたしは、そんなには無いかな〜。。。
    でも3歳くらいの時に階段から落ちて(下がコンクリート)頭を打ったんです。
    標準より体重が軽かったので助かったみたいですが、あと2キロ?あったらまずかったらしいです(汗)。
    親戚からは「あの時に運を使っちゃったんだよ!」と笑われてますwww

  2. 池っち on 8月 28th, 2007 12:14 AM

    いやはや…
    確かに災難女かも?…

    僕はどうだろう?

    ルクソールの乱射事件も
    NYのエンパイヤの乱射事件も
    事件の1日前に居たんですよねー。

    そう考えると運の良い男なのかも?知れません。

  3. むぎ on 8月 28th, 2007 5:16 AM

    ゆうさん☆

    私、実は1歳くらいの時、トイレに落ちてますヾ( ̄。 ̄;
    当時は汲み取りでしたので・・・
    でも冬で下が凍っていたので、助かりました。
    もし夏だったら沈んでいたでしょう。

    >あの時に運を使っちゃったんだよ
    ということで、私の場合、あの時にウンがついて、
    災害にあっても大事に至ってないのかも知れません(爆)

  4. むぎ on 8月 28th, 2007 5:18 AM

    池っちさん☆

    私よりずっと
    いろいろなところへいらっしゃっているであろう、
    池っちさんのお墨付き(?)ですから、
    やっぱり、災害女でしょうか・・・

    でも、池っちさんも相当強運と見ました。