茶チリ

tyatiri.jpg

昔、「茶チリ」といえば
トイレに置かれている紙のことでした。

ところが最近の茶チリというのは
ふすまの下貼りとして張られる紙を言うらしいです。


先日、夏にロシアにホームステイに行った仲間が
「今のロシアは何でもあるけれど、
日本のように質のよいものばかりではない。
トイレットペーパーも茶チリみたいだし」
という話をしていて、
それを聞いた人の中から
「茶チリって何?」という疑問の声が出ました。

若い人は当然知らないでしょうけれど、
それなりの年代の人でも「??」という人がいて、
茶チリって北海道だけで使われているのかな・・・と検索をしてみたら、
何と今はふすまの下貼りの紙になっていました。
どうも地域限定の呼び名でもないようです。

それにしても、茶チリといえば
昔の「ぼっとんトイレ」に
重ねて置かれていたのを思い出します。
新聞紙を再生していたせいか、
時々活字が残っていたりして、
なかなか風情がありました。

そして家によっては茶チリどころか、
新聞紙を切って置いてあることもありましたね。
それをよくもんで柔らかくして使うわけですね。
その後、茶チリは白いちり紙になり、
水洗化とともにトイレットペーパーに変わりました。

そんな話で盛り上がったある日のことでした。

Comments

8 Responses to “茶チリ”

  1. 瑞穂 on 11月 7th, 2007 10:55 PM

    めっちゃ小さかった頃…
    一関の祖母のおうちは当然くみ取り式トイレ。
    右上?に積まれてた?シワシワの紙(でも白かったな〜)の事かなぁ?と思い出しました。
    でも「ちり紙」と言ってたからやっぱ違うのかなぁ?
    「茶チリ」のネーミングは初耳です!

  2. cappu on 11月 8th, 2007 11:19 AM

    私はそれなりの年代の人だと思うのですが^^;小さい頃住んでいた家は本家でトイレは昔なので当然くみ取り式。
    でも家の縁側の一番奥にある上○○と外にある外○○がありました。
    家の中で使っていたのは20�四方の白いちり紙(箱に入って重なっていた)
    外の○○に置かれていたのはうす茶色で紙質も悪かったような。それが「茶ちり」なのでしょうか?ね。
    余りよく覚えていませんが…..。

  3. むぎ on 11月 8th, 2007 6:56 PM

    瑞穂さん☆

    シワシワでも白かったら茶チリではなく
    チリ紙だと思います。
    昔はポケットティッシュもなかったので、
    チリ紙をたたんで持ち歩いてましたね〜

  4. むぎ on 11月 8th, 2007 6:58 PM

    cappuさん☆

    茶チリという呼び方は地域によるのか、
    年代によるのか、よくわかりませんね〜
    「あ、知ってる」という人と「???」という人、
    法則性がないのです。
    って、別に法則がなくてもよいのですが・・・

  5. 縞 on 11月 8th, 2007 9:14 PM

    我が家もだんぜん「茶チリ」でした。
    少し後になってチリ紙になったような気が…
    茶チリに活字が残っていたのはおぼえていません。
    日々リサイクルって感じで、思えばしみじみしますね。
    黒いトイレットペーパーがあると聞いて抵抗感じたのですが、
    茶なら馴染み深い。そんな世代なんですかね(笑。

  6. むぎ on 11月 8th, 2007 10:46 PM

    縞さん☆

    そうそう、茶チリ→チリ紙→トイレットペーパー
    という流れでしたよね。

    私も黒いトイレットペーパーはちょっと・・・ですが、
    茶色は抵抗ないですね。
    そういう世代ですね、私も( ̄- ̄;

  7. セントレア on 11月 9th, 2007 10:47 AM

    先日母を連れて京都観光に行ったとき置いてありましたよ、ちり紙。
    祇園の御茶屋さんを改造した甘味処のおトイレで。

    お店の作りも疎水の流れも、何もかもが懐かしくて趣があって・・・
    あぁ・・、まだ余韻が残ってます・・(笑

  8. むぎ on 11月 10th, 2007 11:02 PM

    セントレアさん☆

    京都へいらしたのですね。
    やはり、京都のお手洗いのちり紙は
    北海道の田舎の茶チリとは違って
    風情がありますね。

    あ、私も今年の年末は宇治の母の家で過ごします。

Got something to say?