岩見沢ラーメン

raikyu1.jpg

この前の日曜日、オットと岩見沢に行き、
久しぶりにラーメンを食べて帰ってきました。


もやしの量が半端ではない味噌ラーメン。
私たちが高校生の頃からある「らい久」本店です。

このお店のある場所は
その昔、ちょっとしたラーメン横丁でした。
「学生ラーメン」といって、ネギがのっただけのラーメンが
当時で100円くらいだったのではないでしょうか・・・
何しろ、50円で岩波文庫が買えた時代ですから。

らい久ももちろん、行きましたが、
人によってお気に入りのお店は違いました。
それぞれ、それなりにおいしかったと思います。
しかし、今は残念ながら、らい久が一軒あるだけです。

久しぶりに行ったらい久、
あいかわらず黄色い麺に、山盛りのもやし、
そして、厚切りチャーシューが2枚入って600円です。
raikyu2.jpg←ほんとに麺は黄色です!

チャーシューは今はやりのとろとろの柔らかいのではなく、
しっかり味の付いた歯ごたえのあるもの。
ひとくち噛んで「この味だよ〜!」
正統派の味です。
スープも特別凝った味ではありませんが、
このボリュームを飽きずに食べさせる、クセのないスープ。
久々に懐かしい味を堪能しました。

地元のファンが家族連れで訪れる、
なんとも素朴な、決してきれいではない店内も懐かしい。
昔はばあちゃんが丼に指を入れて運んできてくれて、
「あの指からいいダシが出てるんだよな」と友人と話したものでした。
そのばあちゃんも、とうの昔に亡くなっていました。

以前の岩見沢は入る店を迷うくらいラーメン店があって、
「岩見沢ラーメン」といってもよいくらいのラーメン文化がありました。
しかし、鉄道の廃線が続き(岩見沢は鉄道の町です)、街も廃れていくと、
商店街は閑散とし、買い物客は郊外の大型店へと流れ、
ラーメン店もどんどん減ってゆきました。

時代の移り変わりは止めようもないのですが、
久しぶりに学生の頃のことを思い出した一瞬でした。

ところで、このらい久というお店、本店のほかにもう一軒、
緑ヶ丘店というのが別の場所にもあります。
話によると本店とは親戚筋らしいですが、
こちらのお店はラーメンマニアの中ではかなり有名な
「無愛想な店」です。
私たちも以前一度入って「もう2度と行くものか」と思いました(`へ´)
でも、熱烈なファンもいるらしく、お店はにぎわっています。
どのくらい無愛想か気になる方は、一度行ってみましょう。

Comments

9 Responses to “岩見沢ラーメン”

  1. cappu on 11月 13th, 2007 9:06 AM

    色々なウリがありますよね^^)
    それにしても昔ながらのラーメン、良いですね!
    家ではラーメンみんな好きなので、以前は琴似界隈の激戦区で食べ比べしました。
    指が入って来るという噂のもやし山盛りのラーメン店も今もあるようです。

  2. むぎ on 11月 13th, 2007 11:11 AM

    cappuさん☆

    琴似界隈はたくさんラーメン屋さんありますね。
    正直、どこに入っていいかいつも迷います。
    例のもやし山盛りラーメン店は、以前はよく行きました。
    あのラーメンも妙にクセになりますね。

  3. 池っち on 11月 13th, 2007 1:59 PM

    岩見沢って一度降りた事ありますけど、なかなか行く機会無いですねー。

    因みに僕「もやし沢山」のラーメン苦手なんすよ。
    もやし食べてる間に味飽きちゃうんですよねー。

    だからか?
    北海道来て、まだ2回しか味噌ラーメン食って無いんですわー。

    「醤油」か「塩」ばっかりです♪

  4. ま〜ちゃん on 11月 13th, 2007 7:21 PM

    ラーメンは大好きなんで、なんでも食べちゃいますよ。

    昔の思い出のラーメンってないんですね。
    ボクが小さい頃は、ラーメン屋よりうどん屋さんの方が多くて、うどんはいっぱい食べたなぁ。

    そんな、うどん屋さんもなくなっちゃって。。。
    時代をカンジますね。

    ラーメン屋さんはいっぱいできたので、ボクもまたどっかに食べに行こうかな。

  5. ま~ちゃん on 11月 13th, 2007 7:21 PM

    ラーメンは大好きなんで、なんでも食べちゃいますよ。

    昔の思い出のラーメンってないんですね。
    ボクが小さい頃は、ラーメン屋よりうどん屋さんの方が多くて、うどんはいっぱい食べたなぁ。

    そんな、うどん屋さんもなくなっちゃって。。。
    時代をカンジますね。

    ラーメン屋さんはいっぱいできたので、ボクもまたどっかに食べに行こうかな。

  6. むぎ on 11月 13th, 2007 8:34 PM

    池っちさん☆

    もやしの入ったラーメンは、
    高校生になって岩見沢で初めて食べました。
    それまでは塩と醤油の中間みたいな
    あっさりしたスープに、
    具はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、
    なると、ネギくらいでしたね。
    あ、なぜか「麩」ものっていたか・・・

    もやしは札幌ラーメンの影響だったのか、
    岩見沢独特のものだったのか。
    味噌だけではなく、醤油、塩にももやしでしたから。

  7. むぎ on 11月 13th, 2007 8:36 PM

    ま〜ちゃんさん☆

    さすが関西。
    うどんの文化なのですね。

    北海道はラーメン文化ですね。
    小さい頃から、デパートの食堂で子供が頼むのはラーメンでしたから。
    母親がお子様ランチとかとろうとしても
    「ラーメンがいい」って言ってましたよ。

  8. 瑞穂 on 11月 13th, 2007 11:57 PM

    岩見沢もラーメン文化が発達してるのですね。
    寒い中、のれんをくぐってあったかいラーメンにありついたあかつきには、体中が溶けそう?な感じでしょうか。
    麺が真黄色!
    これほどまでに黄色いのは初めて見たかもしれないです。卵ですかね〜?

  9. むぎ on 11月 14th, 2007 3:28 PM

    瑞穂さん☆

    岩見沢はかつて、鉄道の街と言われ、
    ここを分岐点に栗山線・万字線が延びていました。
    なので、たくさんの人が行き来し、
    とても活気のある街だったのですよ。

    そんなところから、
    炭坑に働く人たちのために
    もやしたっぷり、ボリュームたっぷりのラーメンが発達したらしいです。
    今は昔のお話です。。。

    麺、黄色いでしょう?
    卵だけでこんな黄色になるかなと私は疑ってます(爆
    何で色つけてるのでしょう・・・