いのちの食べかた

inochinotabekata.jpg

食べることは罪深い。
生きて行くことは罪深い。
だから、食べられてくれる命に感謝。
おいしく食べて、精一杯生きていきたい・・・
そんなことを改めて思う映画でした。


私たちが毎日、当たり前のように食べている食べ物たち。
肉、魚、野菜、果物、玉子・・・
そんな食べ物はどうやって作られ、
食材として私たちの元へやってくるのか。

まるで工場でモノを作るように
肉となって生産されている動物たち。
広大な畑に散布される農薬、
システマティックに収穫される野菜たち。
管理された中で採取される卵や牛乳。
養殖鮭が加工されるまでの現場などなど・・・

ナレーションも音楽もセリフもなく
ひたすら食材の現場の映像が映し出されます。

私たちが生きていくためには
こんなにもたくさんの命を
毎日、毎日必要とするわけですが、
まるで工場のように淡々と命を殺し、
モノのように食材を作り出しているのだと思うと
恐ろしさも感じます。

さらに、その前の段階、
植物なら種を撒き、育てる段階、
動物なら命が授かり、育てている段階、
その段階すら人間に都合よく「造り出されている」
それが今の食の実際なのだということを
改めて感じます。

「いただきます」「ごちそうさま」は
私たちに食べられている命たちにまず言いたい、
そんなことを思いました。

いのちの食べかたホームページ

Comments

8 Responses to “いのちの食べかた”

  1. 瑞穂 on 4月 9th, 2008 12:07 AM

    小学校の時の担任でしたか…
    「いただきます」の意味を教えられ、子供心に納得してました。
    勿論子供にはビシっと言い聞かせてご挨拶させてます。

    父親の実家、昔は肉牛を育ててました。
    これもまた小学校の時に目の当たりにした光景ですが、
    牛が売られて行く日にたまたまいて…
    牛がトラックの上で泣いてるのを見て、泣いてしまいました。
    そして、伯父&取引する人との間で札束が渡されてるのも。
    牛肉は大好きですが、ふと思い出しました。

  2. 池っち on 4月 9th, 2008 1:30 PM

    小学校時代に鶏肉工場を社会科見学で訪れました。
    羽根がついたままのニワトリが機械を通ると羽根がむしられ、そしてまた機械を通過すると首が無くなり…

    それ以来、鶏肉食べられないんすよ。

    ちょっと小学生には刺激強すぎて同級生でも鶏肉食べられないのが続出。
    マスコミでも取り上げられ、ちょっとした騒ぎになり、その1回きりで社会科見学中止に追い込まれました。

  3. むぎ on 4月 9th, 2008 9:55 PM

    瑞穂さん☆

    私の母は肉を食べないのですが、
    ある日理由を聞いたら
    「動物たちの目を思い出してしまうので」と言っておりました。
    私たちが子供の頃は
    好き嫌いさせないために
    がまんして食べていたらしいですが、
    子供が大きくなって何でも食べるようになった頃、
    また肉を口にしなくなっていました。

  4. むぎ on 4月 9th, 2008 10:01 PM

    池っちさん☆

    私の知人でも
    子供の頃に鶏をつぶすところを目撃して以来、
    絶対に鶏肉が食べられないという人がいます。

    私の子供の頃すんでいた家の近くでは
    近所で大規模に鶏をつぶす場所があったのか、
    道端に鶏の足とか、むしった毛とか血とか散乱していて、
    子供心に恐ろしいと思い、
    夢でうなされたこともありましたが、
    大人になったら平気で何でも食べられるようになってましたね〜

  5. MALICE on 4月 9th, 2008 11:45 PM

    こんばんは。

    生きることって難しいことばかりですね。
    僕らは食用に育てられた動物を食してるわけだし・・。

    ほんと、、食べ物を粗末にしたらバチがあたりそうです。
    最近はご飯にふりかけ・・って事が多かったから食事に関しては色々考えちゃいました(^^ゞ

  6. セントレア on 4月 10th, 2008 9:15 PM

    名古屋でも再々上映されるようです。

    期間中に見られるといいのですが・・・

  7. むぎ on 4月 10th, 2008 10:01 PM

    MALICEさん☆

    ふりかけご飯、おいしいですけど、
    栄養が偏ってませんか〜
    せめて野菜ジュースくらい飲みましょうね!

    この映画でも食糧を生産している工場の人たちの
    食事のシーンも出てきますが、
    あまり楽しそうに食べてないのですよね・・・
    食べるものの中身はともかく、
    食事は楽しく食べたいですよね。

  8. むぎ on 4月 10th, 2008 10:03 PM

    セントレアさん☆

    もし、機会があったらごらんになってください。
    いろいろ考えることがたくさんある映画です。

Got something to say?