ウッふん

ufun.JPG

カイチュウ博士、藤田紘一郎さんの最新文庫です。

お食事前の方、排泄物関係下ネタのお嫌いな方、
ご注意ください( ̄∇ ̄
;


大ウンコ穴恐ろしと蛇は逃げ―
これまで六十以上の国で感染症の調査をしてきた
“カイチュウ博士”だから言える排泄の大切さとは。
「超清潔志向」で、生きる力が弱った現代人に知ってほしい
「ウンコとセックス」の深い仲。
東南アジアの「子種残し」祭りの体験も告白し、
日本社会に警鐘を鳴らす面白エッセイ。

―文庫本カバー解説より

この本の内容は上のようなことなのですが、
異常なほどの日本の清潔志向が免疫力を弱らせ、
アトピー、アレルギーなどの症状を引き起こしている。
そもそも、ウンコをそんなに嫌うとは何ごとか・・・と、
筆者の藤田先生は嘆いておられます(`へ´)

寄生虫が普通に体内にいた時代は
花粉症の人はいなかったそうです。
寄生虫がいなくなった時期と
花粉症が出現した時期は合致するのだそうです。

それまで寄生虫を抑制するために働いていた免疫力は、
寄生虫がいなくなったことで、
スギ花粉を新たに闘う敵としてみなしたため、
花粉症という症状になったのだとか。

藤田先生は免疫力を維持するために
ご自分の体内にサナダムシを買っていることでも有名ですね(^o^;
ちゃんと飼えたら、ダイエットにもなるらしい・・・
なんだかかなり怖いですけど。

それはさておき、昔、排泄行為はもっとおおらかにとらえていました。
ところが、ウンコという言葉さえはばかられる現代。。。
臭いものに蓋をしたツケが花粉症などのアレルギー疾患になって現れているのだ、
そんな現代だからこそ敢えて、とばかり、この本では「ウンコ」大連発。

でも、悪趣味、露悪趣味な不快な内容ではありません。
とてもまじめに、今の清潔志向がいかに異常であるかを解いています。

地球上の生命の循環は、
生物の排泄物を微生物が分解し、
それが植物を育て、動物を育て、みんなが生きていく・・・
その大元がウンコであり、死体であるはず。
排泄、腐敗は自然現象であり、粗末にすべきものではない。
それを「ないものとしている」世界はやっぱり異常。

先日もテレビで
「体臭をいいにおい(レモンの香りとか)にする飴」を紹介していました。
飲むとウンコがにおわない薬もあるらしいです。
それって正常なことなのかしらん・・・
そんないろんなことを考えさせられる本でした。

でも、何より衝撃だったのは、
藤田先生の調査による
ニューギニアの高地に住んでいる人たちは
毎日1キロのウンコをしているという事実でした(*゚□゚*)

1キロってすごいですよね。
それを毎日・・・( ̄∇ ̄ )
私は便秘症ではありませんが、
毎日それだけ排泄するってどんなんだろうって、
この妄想がずーっと頭にこびりついています( ̄o ̄;

Comments

No Responses to “ウッふん”

  1. MALICE on 8月 22nd, 2006 9:25 PM

    わ〜ぃ!ウ〇コがいっぱいだ(笑)
    ちなみに、インディーはたまにオシッコシーツからはみる事があるので、ウ〇コマンと読んでいます(^^ゞ

    ・・いやいや、真面目はお話ですね☆
    MALICEは花粉症なので、もしかしたら寄生虫がいないのかな・・。
    昔、女子高生がダイエットの為に「サナダムシ」を体内に住まわせているとTVで見た事があります。。
    ・・想像したくないけど。。
    体臭を臭わなくするような物もあるみたいですね。。

    ・・って1キロってすごい(>_<)

  2. むぎ on 8月 23rd, 2006 6:53 AM

    MALICEさん
    >ウ〇コマン
    わははo((*^0^*))o うちの猫たちも、トイレからはみだした時には「うんこちゃん」と呼ばれます。どの飼い主も似たようなことしてるんですね(^o^;

    サナダムシダイエット、ちょっとブームだったことがありますね。
    ちゃんと飼うと、やせられるし、健康にもいいらしいです( ̄∇ ̄;
    藤田先生のサナダムシは3代目(名前はキヨミちゃ)とのことですよ。

    1日1キロ、ほんと、びっくりです。

  3. kim on 8月 23rd, 2006 1:23 PM

    どうやったら、サナダムシを飼うことができるのですか?
    怖いけれど、ちょっと知りたいです。

  4. むぎ on 8月 23rd, 2006 1:45 PM

    kimさん
    サナダムシの卵を入手して(どうやって?か、わかりませんが)飲むんですね。
    で、サナダムシは酸とかアルコールに弱くて溶けちゃうみたいですから、そういうものを避けて、普通に食事して大切に体内で育てるみたいですよ( ̄∇ ̄;

  5. ばるこ on 8月 23rd, 2006 11:14 PM

    そのセンセイの本は結構読んでます。
    「笑う回虫」でしたっけ?

    目黒にある寄生虫館なるものがあって、こわごわ行きました。

    楽しかったけど帰りに庭園美術館で口直ししました(笑)

  6. むぎ on 8月 24th, 2006 6:27 AM

    ばるこさん
    私も以前から目黒の寄生虫博物館は行きたいと思ってるんですが、なかなか時間がとれず、まだ行ってません。
    売店に素敵な寄生虫グッズも売られてるらしいですね。
    かなり興味シンシンです。